2009年07月31日

ディズニー・オン・アイス鑑賞

「ディズニー・オン・アイス」を見に行ってきましたわーい(嬉しい顔)
先日、記事にしたように、JCBのキャンペーンで当たったものです。

2009070120360000.jpg

実は、名古屋公演を選んだんです。
ということで、朝から、わざわざ新幹線を使って名古屋へ行ってきました新幹線
名古屋支店を極秘?視察するっていう任務もついでにありましたしね(笑)

場所は、名古屋駅から10分くらいの「日本ガイシホール」です。
名古屋でもスイカが使えました。
便利な世の中になったものです。

2009073016350000.jpg

会場の周りは、子供達でいっぱいでした。
ディズニーのお店もいくつか出ていて、ちょっとしたお祭りって感じぴかぴか(新しい)

入口は、アリーナ席とスタンド席にわかれています。
私たちが当たったのは、アリーナ席。
スムーズにホール内に入れました。

会場内でも、いろいろディズニーグッズが売ってました。
さすが、ディズニーです。いい値段してましたがく〜(落胆した顔)
綿菓子1000円、パンフ2500円、剣やライトなどのおもちゃも2500円程度。
現実に引き戻される値段ですよね(笑)
でも、たくさん売れてました。

ショーは、ディズニーだけあって、音響、照明からしっかりしたもので、楽しめました決定
ただ、スケートだけあって、微妙にバラバラ感を感じましたがく〜(落胆した顔)
きっと、かなり合わせるのは難しいんでしょうね。
ディズニーランドの普通のショーの方が、完成度は高いです。
が、スピードやダイナミックさは、スケートの方が良いかな。

今回は、一般チケットでは体験できない「スケーティング・マジック・ツアー」に参加できるチケットです!
といっても、チケット自体は一般と同じです。
招待状を持っていれば、ツアーに参加できます。

ショー終了後、「スケーティング・マジック・ツアー」に参加する人は残るようにアナウンスがありました。
私たちのアリーナ席を含め、一部分のブロックのみが満席のまま残り、後は帰ってしまい、どこが招待された客か一目瞭然。

今回、JCBで招待されたのは、150組450人です。
どうも、当選者の中にも「大当たり」と「当たり」があるようですひらめき
だって、アリーナだけでは、450人もいません。
半分以上は、スタンド席だった模様です。
(数数えてないので、あくまで私の推測です。)
そんな中、良い席だった私たちは、「ザ・クラス」の力かな犬
単なる偶然か???

ポストショーを見るためのチェックはありませんでした。
もっとも、ブロックで一目瞭然なんですが、空いている席に座れば、わかんないかもドコモ提供

しばらくして、案内があり、自由に席を移動して良いとのことわーい(嬉しい顔)
スタンド席の人もアリーナに降りてきて、私たちも最前列に移動。

「スケーティング・マジック・ツアー」は、ショーの舞台裏を体験できるものです。
スケートリンクの作り方や、音響や照明のスタッフ紹介などの後、スケーターの紹介でした。
スケーターは、世界各国から集まっているようです。
フィンランド、アメリカ、イギリス、カナダ、東欧の国(忘れた)・・・
どういうオーディションをして、採用するかなども教えてくれました。
もちろん、技も見せてくれたりして、スケートをやっている子供たちは、勉強になるかもしれません。
最後には、とっても嬉しい、サプライズも用意されてますわーい(嬉しい顔)

そんなに、期待するものではないですが、子供には、ちょっとした舞台裏がわかって良いかもしれませんね。
ディズニーファンなら、サプライズも嬉しいかも(笑)
他の人と帰る時間が違うので、出口や駅の混雑に巻き込まれることなく、スムーズに帰れたのが、私的には良かったかな決定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124699851

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。