2009年01月15日

フィリピンペソ為替レート比較

私が行った時の、フィリピン・ペソの両替レート比較です。
意外に、かなりの差があります。

1万円を換えると・・・
・空港 4950〜5136ペソ
・市内の両替所 4950ペソ
・JCBカード「ザ・クラス」キャッシング 5170ペソ
・VISA‐OMC キャッシング 5258ペソ
(すべて同一日で、1時間の差もありません。
JCBカードとOMCカードの時間差は、数分です。
ただ、VISAは10000ペソ、JCBは8000ペソとキャッシングの金額に差があります。)

空港内でも、1万円が4950ペソから5136ペソと大きく違います。
出口に近いところだと安いです。
どこでも同じだろうと換えてしまうのを狙っているようです(笑)

空港である程度換えて、後はクレジットカード利用と思っていたのですが、ガイドさん曰く、私が行くところは、とっても田舎だからキャッシュじゃないとダメとのことで市内の両替所に・・・
なんと、意外なことに空港よりレートが悪いですexclamation&question
銀行が休日の日は、レートが悪くなるようです。

ということで、市内の両替商は断って、キャッシングにすることにしました。
レート比較のためにわざわざ2枚のカードを使ってみました(笑)
OMCのVISAキャッシングが、JCBザクラスよりも圧倒的に有利なレートになりました。
おろした金額が違うためなのかな???

ちなみに、キャッシングには金利がかかりますので、現金を得る手段としては、一概にカードが得とはいえません。
でも、OMCカードはぺイジーですぐに払いこめますひらめき
JCBカードもカード会社に電話して、振込もしくはJCBサービスデスクに行けば、事前に払い込めます。
金利も馬鹿になりませんもんね。

結局、とっても田舎でしたが、カードが使えましたあせあせ(飛び散る汗)
が、現金を持っていたので、カードは全く出番なしもうやだ〜(悲しい顔)
残念失恋
ということで、カード利用時のレート比較はありませんが、明らかにカード利用が有利な結果となりました。
この記事へのコメント
VISAはキャッシングもレートが良いのですね。
私は請求明細書を見た時に
ショッピングのレートで実感しました。

JCBのキャッシングはCirrusで、
VISAのキャッシングはPLUSですよね。
此の辺も関係しているのでしょうか?

世界規模で見たカードホルダーの人口数からだと、
JCBは海外において、
自力でインフラ(ネットワーク)は築けないし、
間借りになり、其の辺の手数料が上乗せされて、
私達に請求に成るのかと、色々と想像してます(笑)。
Posted by オマル at 2009年01月15日 13:36
オマル様
コメントありがとうございます。

VISAの方がレートが良いことが多いんですかね???
最近、りくまいらー様のブログを見るとポンドはJCBの方が良かったと書いてありましたので、場合によるのかな???
事前に知ることができれば良いのですが(笑)

どっちにしても、クレカの方がレートが良く、今回はどちらのカードもお得でした。
が、正規と闇のレートの差がある国とか、ジンバブエなどインフレが急激な国では、クレカだと、痛い目に遭うそうなので、クレカ多用は危険なのかなとも思ってます。
Posted by JCBファン at 2009年01月15日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112147217

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。