2008年12月29日

獨道中五十三驛

「THE GOLD」1月号
ザクラス専用サービスの左側のページは、

獨道中五十三驛 三幕 市川右近十五役早替りならびに宙乗り相勤め申し候

良席保証

というサービス案内。

ここまで打ち込むだけでも、漢字が出ずに時間がかかりました。
読み方は、「ひとりたびごじゅうさんつぎ」だそうなひらめき

特等席の桟敷席をリザーブ
新橋演舞場 弥生花形歌舞伎 猿之助十八番の内


要は、歌舞伎の案内のようです(笑)
全く興味のない私には、良いのか悪いのかというより、何の案内なのかすらわかりませんでした・・・
一度は、日本文化として鑑賞するべきですよねひらめき
でも、近頃の古典芸能の一家の馬鹿さを見てると、こんなことにお金を使うのも馬鹿らしいような気も・・・

説明を読んでもいまいち内容が把握できません(泣)
宙乗り!早替わり!歌舞伎のエッセンスを凝縮した猿之助歌舞伎の真髄に澤瀉屋一門が総出で迫ります。

上の文章を打つのに感じがまたまた変換できず、ネットで調べたら、澤瀉屋は、「おもだかや」って読むそうです。
市川右近のプロフィールってのも見つけたのですが、都内の私大法学部政治学科卒になってました。
子供の頃から歌舞伎をやっていたようなのに、なぜ政治学科???

化け猫が宙を飛び回り、大滝の立ち廻りでは、何トンもの本水が降り注ぐダイナミックなアクションをご覧いただけます。
市川右近の鮮やかな十五役の早替わりでテンポ良く繰り広げられる楽しさと驚きがつまった超大作


って、歌舞伎ってこんなのなんですかexclamation&question
完全にショーですねがく〜(落胆した顔)
伝統的な歌舞伎を一度見に行きたいと思ってますが、なんだか、これは違うような・・・

公演日時は、3月の限られた日の限られた時間です。
会場は、新橋演舞場
出演は、市川右近、市川猿弥・・・(全員、市川ってついてます)
料金が、桟敷席(お食事付)が18500円が18000円、食事なしは15000円(税込)です。

桟敷席は、役者の表情を間近で見られる一階の舞台、左右に20席ずつある掘炬燵式の席。足をのばしてゆったりとくつろげる設計で、お茶やお食事もその場でお楽しみいただけます。との説明がありました。

ちなみに、桟敷弁当(3500円)は、お芝居の粋を知る人にこそ味わっていただきたい。新橋演舞場限定のお桟敷席専用の「幕の内」こだわりの食材と彩の芸術をあなたに・・・とのこと。
JCB特典として、お弁当とは別にもう一品付き!!
なんでしょうexclamation&question気になります。

12月26日から先着順で、申し込めます。

私も歌舞伎を一回は鑑賞したいものですが、今回は、残念ながら、この特典を利用しませんもうやだ〜(悲しい顔)


posted by JCBファン at 08:02| Comment(0) | TrackBack(1) | ザクラス期間限定・THE GOLD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111841243

この記事へのトラックバック

JCBCFb80C6
Excerpt: JCBに関連した記事ってネットには沢山ありますよね、最近私がJCB関係で見てい...
Weblog: JCB
Tracked: 2009-01-09 11:47


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。