2008年09月18日

「香門」その後・・・究極のハンバーガー

グルメベネフィットにラインナップしている「香門」レストラン
麻布十番にある神戸牛鉄板焼のお店です。

前回訪れた時のブログ
http://funfunfun.seesaa.net/article/88659450.html
高級料亭の姉妹店で、まずはカジュアルにというのがコンセプトらしいです。
今年度のグルメベネフィットでは、まだ行ってないですが、お気に入りのお店です黒ハート

前回行った時に、シェフが「究極のバーガー」というメニューがあることを教えてくれましたひらめき
五千円以上もする高級バーガーです。
ネットで調べてみると、テレビTVで放送されたことも度々あり、有名なようです。

これは、食べとかないと!と思いつつ、半年が過ぎてしまいましたsoon

この香門スペシャル「究極のハンバーガー」は、バンズも特注で発酵に時間がかかるため、2日前までの予約です。
予約して、行ってきましたるんるん

前回の自分のブログを見て、麻布十番1番出口で、都民銀行の角を曲がるというのだけ確認して出かけました。
覚えているもんですね。3分もかからず到着。

席は、カウンターに用意してありました。
前回と同じシェフでした黒ハート

まず、ドリンクをたのんだ後、バーガーの説明目

2008091812130000.jpg

神戸牛フィレ肉のハンバーグ・烏骨鶏の目玉焼き・フォアグラのステーキ・高知の幻のトマト・ベビーリーフ・自家製ケチャップ・わがらし・特注長時間発酵のバンズ。

そして、目の前で、焼いてくれました!

「ぴったんこかんかん」でスマップの草薙さんが食べて、「ぷっすま」のゲームのご褒美でも出されて、ゆーすけさんが「お前食べたからいいだろ」なんて言っていたなんて話も聞きながら、出来上がりました。

2008091812280000.jpg

アップです。

2008091812280001.jpg

結構、大きいexclamation×2

どうやって、食べるんだ???

シェフいわく、「つぶしてもらって、贅沢にひらめき

つぶしてみましたが、やっぱり大きい。
私は、へたくそで、どろどろになりながら食べてしまいましたたらーっ(汗)
が、妻は、トマトを抜いて、うまく食べてました決定

ちなみに、テクニックは、
1ケチャップとマスタードは後からと思わずに、最初からバンズに塗っておく。
2いったん食べ始めたら、置かずに、一気に食べること
ですかね。
いったん置いてしまうと、次に持つ時に崩れて、大変な目に会います。
ということで、後から、ケチャップを使うのは難しいあせあせ(飛び散る汗)
単に、私が、下手だっただけかもあせあせ(飛び散る汗)

とっても、美味しいハンバーガーでしたハートたち(複数ハート)
これは、一度は食べとく価値がありますねわーい(嬉しい顔)

個別には、神戸牛フィレ肉のハンバーグは絶品わーい(嬉しい顔)
とっても、ジューシーです。
烏骨鶏の目玉焼きは、先入観なのか、濃い感じがしましたぴかぴか(新しい)
年に40個しか生まないそうなので、貴重な卵ひらめき
カモのフォアグラは、バーガーにすると目立たない感じでしたが、個別には美味しかったです黒ハート
ポートワインのソースを使って仕上げてあります。
焼いている時の香りがとっても良いです。
店員さんも、この香りが好きだと言ってました。
高知の幻のトマトは、大きくしゃきしゃきしてましたが、味は薄く感じ、普通の最近のトマトでした決定
幻の意味がわかんない・・・
自家製ケチャップは、売っているケチャップと違い、コクがあり美味しかったです。
わがらしは、辛めなので、使いすぎない方が良いかと・・・

食後は、デザートで、デザートの盛り合わせとアイスクリームを頼みました黒ハート(別料金です)
フルーツほおずき、和風トリュフ、ゆずのムース、水なすのコンポート。

2008091812510000.jpg

2008091812510001.jpg

このお店は、シェフ、店員さんとも、気さくな感じ。
アットホームで、居心地良いです決定
グルメベネフィットでも、お勧めの店の一つなんですが、噂によると、来期(10月から)は外れるようですがく〜(落胆した顔)
9月中にもう一度行こうかな猫

会計は、もちろん「ザ・クラス」でと出したのですが、実は、お昼はカードが使えないそうで、どたばたさせてしまいました。
すいません・・・・
が、全部で15000円也。
まあ、ディナーと同じくらいの値段なので、許してもらえますよね(笑)

ちなみに、出るときに他の人が食べていた定食、ものすごく美味しそうでした
おそらく、店の前に看板があったすき焼き定食1580円(自信ありません)ひらめき
量もありそうで、破格ですね。
でも、普通のランチには、ちょっと高価すぎなのか、量が多すぎるのか、お店は混んでませんでした。
銀タラ定食という看板が店の前にあり、これも美味しそうな予感。

そうそう、お店を出るときには、店員さん、シェフなど、総出でお見送りしていただきました決定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。